本文へスキップ
こちらは 寿建設株式会社 求人情報の専用サイトです。

TEL. 024-543-0511

〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野字東地蔵田8-1

社会活動VOLUNTEER

社是『職場是命 工人是宝』企業理念『喜ばれる技術 選ばれる企業』のもと、社会貢献も積極的に!


当社では設立50周年を機に、『喜ばれる技術 選ばれる企業』という企業理念を掲げました。当社ならではの技術や管理力、取り組みで一般市民を含めた顧客満足に徹底した仕事をしようということです。現場の施工技術や安全管理もそうですが、特化して喜んでいただくことで、結果として「選ばれる企業」になると考えています。
それは仕事だけではなくて、社会貢献活動においても同様に徹底して取り組んでいます。前社長はメタボ対策として始めたトライアスロンを100回完走する一方で、平成2年に福島県トライアスロン協会を設立し、現在は公益社団法人日本トライアスロン連合の副会長を務めています。当初は、福島県内の大会を当社で主催し、社員全員で大会運営のボランティアをやっていた時期もありました。
現在は、放射能プレミアムドッグセンターの運営やネットショップによる地元農産物の販売、ペットボトルキャップの回収、熊本地震支援のための取り組みなど様々な分野で積極的に社会貢献活動を行っています。

放射能プレミアムドックセンター福島

概要
東日本大震災後、放射能汚染による内部被ばく検査のため、ホールボディカウンター(ベラルーシ製)を購入しました。誰でもが低料金で内部被ばく検査を受けられるようにと当社で運営しています。これまで2,000人近い方にご利用いただいています。

内部被ばく検査施設を開設(2012.9.1)
施設移転と運営趣意(2016.4.15)
「子どもたちが体験したベラルーシでの保養」発表会を開催(2013.10.19)

公式サイト
http://www.kotobuki-c.net/pdc-fukushima.html
所在地
〒960-8042
福島市荒町4-7 県庁南再エネビル1F
TEL・FAX 024-573-0911

熊本応援マーケットin福島

概要
熊本地震の発生直後から、熊本・阿蘇の販路をなくした商品を福島で販売することで復興支援をしています!

2016年4月に発生した「熊本地震」。5月初旬、当社社長が阿蘇地方を訪れ、親交のあった山都町議会議員 吉川美加さんに窮状を伺ったところ、吉川さんのいとこが営んでいる輸入雑貨店が、観光客の激減により5月の大型連休向け仕入れた商品が大量に余り、廃業を考えているということでした。
東日本大震災直後、福島市の農家がキュウリの販売先を失い困っていたときに、被ばく線量が基準値以下であることを確かめたうえで、農家に代わってインターネットで販売した経験から、輸入雑貨店の在庫を福島で売ることを提案。さらに吉川さんが知人にも呼びかけ、被害が大きかった益城町のお茶や、山都町の道の駅で売っているブルーベリージャム、馬肉入りの缶詰なども販売しました。

新聞各社の掲載記事
開催当日の様子

開催日/会場
2016年4月29日/宮畑遺跡史跡公園「じょーもぴあ宮畑」(福島市)
その他
「熊本地震から半年・阿蘇の今」報告会を開催(2016.10.8)



「熊本応援マーケットin福島」を開催するきっかけとなった山都町議会議員 吉川美加さんから、現地の状況を福島の方々にお話しいただきました。会場では、熊本・阿蘇の支援販売も実施しました。 (開催当日の様子

近年の社会活動

2017年11月
岐阜大学工学部第11回インフラマネジメント講演会で弊社社長が講演
2017年6月
地元飯坂温泉「ほろ酔いウォーク2017」に協賛
2017年6月
弊社社員がJR東日本仙台支社設備部長様より感謝状を授与
2017年4月
日本サードパーティ株式会社からの個人線量計400台寄贈を橋渡し
2016年9月
第31回阿武隈川トライアスロン大会の開催に協力
2016年6月
地元飯坂温泉「ほろ酔いウォーク2016」に協賛
2016年4月
「ふくしま花のまちフェスティバル」の一環「はなもも」設置に協力
2016年4月
2015年度環境目標『エコキャップ収集200s』319sを達成
2015年11月
『高石仏石塔群』(福島市飯坂町平野)の倒木撤去に協力
2015年9月
「水面から見る阿武隈川歴史探訪会」運営協力および参加

その他の活動はこちら → 社会活動一覧



バナースペース

寿建設株式会社

〒960-0231
福島市飯坂町平野字東地蔵田8-1

TEL 024-543-0511
FAX 024-543-0514